ざっくり振り返る - スポンサー広告プロフィール
HOME プロフィール

高橋郁子

Author:高橋郁子
もろもろ脚本・朗読劇の演出も
(シナリオ作家協会所属)
Twitter :@ikuko_t

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

月に語れば

或る脚本書きによる、気まぐれブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざっくり振り返る

長らくの放置プレイ、失礼しました。
ブログ、再始動いたします。


はて。
私は舞台の脚本を、何本書いたのかしら。
自己紹介がてら、ちょっと書き出してみることにします。(タイトルの後ろは、主催および公演名)

2001
『やわらかな鎖』 Shizukaプロデュース 女三匹
2004
『ひかりの産声』 水島裕プロデュース Dramatic☆Carnival OTODAMA
2005
『潮騒の祈り』 Shizukaプロデュース 女三匹Vol.2
『月想 -今昔物語集 第27巻第24話より-』 経王寺 プンダリーカ・ライブVol.1
2006
『大樹釈尊 -誕生-』 経王寺はなまつり
『純潔の君とユートピア』 8×∞=クローバー
2007
『大樹釈尊 -母と子-』 経王寺はなまつり
2008
『月虹を探して』 コスモスペース
『大樹釈尊 -旅立ち-』 経王寺はなまつり
『傷、ぬくもり』 水島裕プロデュースVol.2 ブラインド・シアター
2009
『羽衣』 和の会 宝生流能楽公演 体感する能HAGOROMO
『月虹を探して』 コスモスペース
2010
『小鍛冶』 和の会 宝生流能楽公演 体感する能KOKAJI
『大樹釈尊 -朝-』 経王寺はなまつり
2011
『鉄輪』 和の会 宝生流能楽公演 体感する能KANAWA
『潮騒の祈り』 studio kitchen


この冬の公演も合わせると、計16本。
印は芝居なので、純粋に語りだけ数えると、計14本。
ほう……。

はっ。
あんなことやこんなことが思い出されて、うっかり筆が止まりました。いかんいかん。

10年経ってスタイルも定まってきました。
よく見受けられるのは、既存の小説を元に語るものですが、
私が書いているのは、語る為の「脚本」なのです。
一見小説に似ていますが、リズムを生みだす楽譜の役割も果たしています。

ホンと声と想像力。この3つの融合によって完成される世界。
目の前に映像はないのに、物語の情景が浮かぶ面白さを、ぜひ多くの方に感じていただきたいです。

とりとめがなくなりましたが、本日はこのへんで。
次回からは、各作品の思い出などに触れていきたいと思います。
――なんてことをやれば記事を増やせるのだな、と書きながら気づいた次第(笑)。

では皆さま、ごきげんよう。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。