『ひかりの産声』思い出ばなし - スポンサー広告プロフィール
HOME プロフィール

高橋郁子

Author:高橋郁子
もろもろ脚本・朗読劇の演出も
(シナリオ作家協会所属)
Twitter :@ikuko_t

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

月に語れば

或る脚本書きによる、気まぐれブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ひかりの産声』思い出ばなし

2004年夏。築地本願寺ブティスホールにて。
水島裕さんのプロデュース公演、OTODAMAでのオムニバスの1本です。

「芝居:語り=7:3」という実験的な構成で書き下ろしたのは、
出生前診断の結果に葛藤する夫婦の物語。

キャストは……
妻:岡村亜紀さん、夫:平田広明さん、医師:牛山茂さん。
語り手:水島裕さん。

演出はチャーリー小林さんでした。

命の選別を問うという、大変重い物語になりましたが、
軽やかな演出と、情感溢れる芝居のお陰もあり、
多くの方に涙していただきました。

2年前ほど前のことです。
この公演をご覧になった方が、Twitter上で「心に残るお話でした」と
話しかけてきてくれました。
随分と時間が経っているにも関わらず、覚えていてくださったとは!
こんな嬉しい事はありません。

そうそう。
実はこの公演で、生まれて初めてサインを求められました。
奇特な方とは別のご縁で再会することとなり、2度も驚かされることに(笑)

この作品は『やわらかな鎖』『潮騒の祈り』と合わせて、
自分の中では「胎児3部作」と呼び、大切にしているものです。

(そのネーミングセンスはどうなんだ、というご意見は胸にしまっておいてください)

また、この公演の思い出とともにあるのは、祖父の死です。
お寺のホールで命を問い、同じ時に命を見送る結果となりました。

もうすぐ10年。
時が経つのは早いものです。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。